新井紀子『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』

毎日のようにAIがニュースになる。身近なデバイスへの導入、技術のブレイクスルー、法律の整備などなど、その観点もさまざまである。その中でも、AIによって人間の仕事が奪われるのではないかという懸念をよく目にする。関連書も多い中で、他とは違う視点を出している本があった。新井紀子『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』である。
AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

 

 著者は数学者であり、また、「ロボットは東大に入れるか」を検証したいわゆる「東ロボくん」のプロジェクトディレクタでもある。本の前半では、このプロジェクトを解説するとともに、現在のAIの実力を示していく。現状では、東大の合格まではいかないが、MARCHレベルは合格圏内である。ここから、人間のすべての仕事がすぐになくなるということはないが、強力なライバルであるという見解を示す。

 
AIの課題は、言葉の意味を理解することである。なぜなら、計算機では数学しか扱えないからだ。つまり、論理・確率・統計で表現できないものを扱うことができない。これが大きな壁になっており、AIによる入試問題の偏差値は60程度にとどまるだろうという予測がなされている。数あるAI論のなかでも、冷静で正確な理解を促しているという印象。ただそれだけに、ライバルとして強力という点は真に迫ってくる。
 
コンピュータの欠点は、言葉の意味を理解できないことだった。それに加えて、柔軟性や常識も乏しい。逆にいえば、それがAIに対する人間の優位性ということになる。よって、そのような能力が重要になる仕事は、まだ人間がやることとして残されている。しかし、そのような能力は教育によって鍛えられているのか。この検証が本書のもうひとつの見どころである。
 
著者らは、読解力に注目する。読解力のテストであるリーディングスキルテスト(RST)を開発し、中高生からデータを集め、具体例を挙げながら分析している。その結果には、驚くべきことが書かれている。中高生の多くは教科書を読める程度の読解力がない!(世代論ではない。念のため)。つまり、教科書を読んでひとりで勉強するのは難しいということだ。また、読解力は偏差値と強い相関を示した。これは、読解力の差が、その後の学業に強い影響を及ぼすことを意味する。読めばわかるか/わからないか、ここが重要な分岐になっていると指摘している。
 
AIがライバルとして目立ってきた。そして、人間の優位性は、言葉の意味を理解できることだった。しかし現状では、その意味の理解すら危うい。
 
では、どうすればいいのか。科学的な検証に耐えた処方箋はいまのところない、というのが現時点の答えとなっている。残念ではあるが、誠実さの表れだと思う。この問題は、教育の重要課題であることは間違いないし、ほかにも、アンケートによって何かを調査することは可能なのかというような疑問にも発展する。この話題は今後も注目していきたい。
 
                  ***
 
AIが言葉の意味を理解できないという点については、川添愛『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』がよかった。言語の意味を理解するためには何ができなくてはいけないのか、またそれらがどのように難しいのか。イタチを主人公にした物語と解説という構成で、非常にわかりやすく解説されている。 
働きたくないイタチと言葉がわかるロボット  人工知能から考える「人と言葉」

働きたくないイタチと言葉がわかるロボット 人工知能から考える「人と言葉」

 

 

 

『バッタを倒しにアフリカへ』、『フンボルトの冒険』

研究者のノンフィクションを2冊読んだ。どちらもフィールドワークという共通点があるが、ひとつは現代、もうひとつは19世紀が舞台となる。冒険や自然との格闘、時代ごとの研究の背景など、並べて考えてみるのもおもしろい。 

前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』 

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

 

バッタ研究者の自伝的な活動の記録。まえがきからして、著者のバッタ愛がすさまじい。書き出しはこんな風。 

100万人の群衆の中から、この本の著者を簡単に見つける方法がある。まずは、空が真っ黒になるほどのバッタの大軍を、人々に向けて飛ばしていただきたい。人々はさぞかし血相を変えて逃げ出すことだろう。その狂乱の中、逃げ惑う人々の反対方向へと一人駆けていく、やけに興奮している全身緑色の男が著者である。
子どものころからの夢は「バッタに食べられたい」らしい。しかも、バッタを触りすぎてバッタアレルギーになったとか。読み進んでいくと、その熱量に圧倒されること間違いなし。
 
バッタ研究といっても、日本でのバッタの被害は少なく、就職先は少ない。一方、アフリカでは、バッタの大群が農業に大打撃を与えている。被害防止にむけたバッタの生態調査をするため、モーリタニアを拠点にしたフィールドワークが始まる。しかし、現地には先進的な設備はない。研究室の管理された環境とは全く異なる自然の中で、試行錯誤しながら発見を積み重ねていくのが実におもしろい。自然の中で初めてわかることやうまくいかないことと向き合いながら、時に夢を語り、人を巻き込んで進んでいく。
 
 研究者のあり方としても示唆的だった。著者はいわゆるポスドクという立場で、文中にも就職先や予算の話がでてくる。研究/研究者の居場所はどこにあって、社会とどう関係するのか。出版やクラウドファンディングというかたちもこれから増えていくのかなぁと思う。
 
本書の文章がおもしろいことも、ポスドク問題と無関係ではない。成果をアピールするために、ブログで腕を磨いたとか。これも成果を伝え、研究を続けるため。ただ記録を残すだけでなく、受け手の興味を引くところまで考える。本来の意味でのサイエンスコミュニケーションを体現していると思った。 
 

 アンドレア・ウルフ『フンボルトの冒険』 

フンボルトの冒険 自然という〈生命の網〉の発明

フンボルトの冒険 自然という〈生命の網〉の発明

 

 博物学者であり、探検家であり地理学者でもあるアレクサンダー・フォン・フンボルト(1769-1859)の伝記。地名や動物名などに多く名を残すフンボルトは、学問が細分化される前の知識人の例にもれず、多彩な肩書をもつ。では、その功績とはどのようなものか。

もっとも重要なのは、フンボルトが私たちの自然観を根本的に変えた点にある。彼はありとあらゆるものに関連性を見出した。何物も、もっとも小さな生物でさえ、それだけを他と切り離して考えることはできないのだ。「この壮大な因果の連鎖がある限り、独立して考えられるものは一つもない」とフンボルトは述べている。この洞察にもとづき、こんにち私たちが知る「生命の網(ウェブ・オブ・ライフ)」という自然の概念を生み出したのだ。

自然を分類して理解しようとするのではなく、つながりを見出し、生態系としてとらえる。生態系という言葉が当たり前になった現代では、それ以前のことをうまく想像することもできないほど。このような考えにいたる過程には、波乱万丈の冒険がある。生死をさまよいながら南米の熱帯雨林に分け入っていく場面は、本書の読みどころ。

 

個人的には、山の絵と植生を対応づけた自然画や天気図に使われる等温線の発明などグラフィックのテクニックがおもしろかった。そのほか、いち早く環境問題を指摘したことも書かれている。これも自然を総体としてとらえるという視点による先見の明だろう。さらに、「生命の樹」を提唱したダーウィンへ強い影響を与えたことからもフンボルトの仕事の重要性を知ることができる。

『トラクターの世界史』と『団地団』

高校までの歴史の授業が苦手だった。なんとなく、つかみづらい。いまから振り返ると、その原因は授業の内容が政治史を重視で、その政治にあまり興味がもてなかったということが大きい。

歴史は、政治以外のさまざまなものからも語ることができる。たとえば、話題になったハラリの『サピエンス全史』は、「虚構」を軸にしてサピエンスの歴史をとらえるという試みだった。もちろん、国家という虚構がもたらした政治への影響、みたいなかたちで政治にも触れているが。

そもそも歴史における重要な出来事とはなんだろう。それは、さまざまなものの個別の歴史における転換点だと思う。そういう意味で、影響範囲が広い政治史は重要だが、その重要性を理解するには政治史以外の歴史を参照する必要がある。なにか興味あるものの歴史をさかのぼってみて、教科書的な歴史との相似関係を見つけていくというような。

 

最近読んだ本で『トラクターの世界史』はまさにそういう本だった。

ラクターを軸にして、19世紀末以降の世界史を描いていく。なぜトラクターか。まず、トラクターの影響力を簡潔に示している部分を引用する。

モータリゼイションは都市だけでなく、農村の風景も労働関係も一変するほどの衝撃を与えたし、その衝撃がなければ、これほどまでに農村から人は離れず、これほどまでに農地が広く四角く平らにならず、これほどまでに地球の人口は増えなかったはずだからである。二〇世紀に地球でいったい何が起こったのかを考えるには、自動車と同じほどの知のパトスをトラクターに注がなくてはならない。

ラクターの登場により、それまで家畜を動力源としていた農業のあり方はがらりと変わった。内燃機関がもたらす駆動力が高い生産性を可能にし、農業人口は減少していく。これがのちに都市化や工業化を準備することになる。同時に、エネルギー源として石油、たい肥の代わりに化学肥料が必要とされるようになり、物質の循環(つまり農村の経済)という意味でも変化が起こる。

ラクター以降、農業は大規模化し、アメリカでは各農家の競争と革新のなかでトラクターが普及した。一方、ソ連では国家主導でトラクターで導入が進んだ。その後、トラクターは農業集団化のシンボル的存在になる。実はそのトラクターはアメリカで量産された輸入品だった、というのはなんともおもしろい話だ。

ラクターのでてくる小説にも触れている。ジョン・スタインベック『怒りのぶどう』の描写からトラクターへの憎しみを読み取る。これは零細農家の憤怒だという。その背景には、機械化によってどんどん効率を高めるために、土地を収用しようとする銀行がある。ほかにも、機械による疎外感を読み取れる。これも歴史上何度も繰り返していることに思える。いまなら人工知能とか。

                    ***

ひとつのものを軸にして語る、そして農村から都市への人口移動に関連するという意味で連想した本は、『団地団~ベランダから見渡す映画論』。

団地団 ?ベランダから見渡す映画論?

団地団 ?ベランダから見渡す映画論?

 

 写真家の大山顕、脚本家の佐藤大、ライターの速水健朗によるトークイベントがまとめられている本書の軸は、ずばり団地。速水健朗によるまえがきには、

作品に登場する”団地”にのみ執着し、団地がどう描かれたか、団地がどう用いられたか、その団地が魅力的かどうか、団地についてレビューをします。

とあり、

 団地とは、家族を容れる箱であり、都市化した社会に必要とされたインフラストラクチャーであり、国によっては、ある種の社会階級と結びついた場所であり、ある種の人々にとっては生まれ育ってきた環境(故郷)です。

 団地について語るということは、時には家族を、社会を、階級を語ることになるのです。

とある。まじで?って思うけど、読んでいくと、なるほどすごい。コンテンツに描かれる団地から次々と意味を拾い上げていき、価値観の移り変わりを見て取る。扱う作品は『童夢』、『ウルトラマン』、『耳をすませば』、『しとやかな獣』、『家族ゲーム』、『新世紀エヴァンゲリオン』、『デジモンアドベンチャー』などなど。あるときは憧れの対象、あるときは窮屈な空間、またあるときはバトルシーンの観客席にもなる。軸をつくることで、なんとなく見ていたシーンから意味が見つかる瞬間の楽しさ。もうなにを見ても団地が気になってしまう。