連想読書日記

本を読んでいるときに湧きおこった連想のゆくえについて。

小川哲『ゲームの王国』

ある作家の本を初めて読んで、この作品は好きかもしれないと思えたら、そのあとはいつも決まってこうだ。作者のことを調べて、ベテラン作家ならどこから読もうかと悩み、新人なら全部読もうと心に決める。興味はどんどん広がる。
 
自分にとって、小川哲『ゲームの王国』はまさにそういう本だった。
ゲームの王国 上

ゲームの王国 上

 
ゲームの王国 下

ゲームの王国 下

 
サロト・サル―後にポル・ポトと呼ばれたクメール・ルージュ首魁の隠し子とされるソリヤ。貧村ロベーブレソンに生を享けた、天賦の智性を持つ神童のムイタック。皮肉な運命と偶然に導かれたふたりは、軍靴と砲声に震える1975年のカンボジア、バタンバンで出会った。秘密警察、恐怖政治、テロ、強制労働、虐殺―百万人以上の生命を奪ったすべての不条理は、少女と少年を見つめながら進行する…あたかもゲームのように。
 
本の構成は、上下巻で群像劇。各章の最初に年、場所、視点人物が書いてある。
上巻は、1975年前後がメイン。主人公たちはまだ子供で、カンボジアの苦しい状況がひたすら描かれる。拷問されて裏切って、嘘が連鎖していきみんな処刑されていく。悲惨。
下巻では、時間が飛んで21世紀。ソリヤは政治家に、ムイタックは教授になっている。政治状況は上巻ほどひどくはない。だが、賄賂や腐敗は根強く残っている。ソリヤはルールを決める側に立たない限り、この状況は変えられないという信念で国のトップを目指す。ムイタックは、脳波の研究およびゲームの開発をしている。
 
タイトルにもあるようにゲームが大きなテーマとしてある。しっかり定義されているわけではないが、重要なのは目標とルールがあること。そして、目標への最短距離を妨げるような制約やルールが課されているということ。ゲームのモチーフが具体的にも抽象的にも使われている。
 
ルールを守って敵を倒せればいいけど、うまくいかない。そのときルールを破ってでも敵を倒すのか。感情的にはそうなることもある。しかし、その後はそれがルールになってしまい、天敵にルールを守らせることは難しくなる。ただでさえ難しいのに。なぜルールを守るべきなのかという前提がないとルールは機能しない。そしてその前提を共有するのは恐ろしく難しい。特に目先の利益を優先するときには。囚人のジレンマがいい例。集合行為のジレンマを理解して乗り越えなければ、ルールの前提はつくられない。人間の思考には、そういったバイアスがある。
 
バイアスにつながる話で、ソリヤと側近の「人類史の最大の敵は何か」というやりとりが興味深い。ある人は独裁者だと答える。この物語を読んでいる人なら誰もがうなずきたくなる。対するソリヤの答えは家族だ。理由は、家族という局所的な互恵関係が、国家というより大きな互恵関係の妨げになっているから。例えば世襲。能力ではなく、ただ親子というだけで権力が決まる。そこから抜け出るためのシステムがなんらかの選考システムだ。学歴や科挙みたいなもの。この意見はラディカルだが、ある種の本質をついていると思う。局所的な愛があるから功利的になれないということだと理解した。これもある種のバイアス。でも家族を捨てると、小さい集団をつくる手がかりさえ失われる可能性は大いにあると思う。
 
バイアスにどう立ち向かうか。ソリヤは政治家になった。ルールを設定するためだ。これはわかりやすい。一方、ムイタックは脳波を使った研究やゲームをしている。なぜか。注目すべきは、脳波によって進行するゲームだ。例えば、楽しむことがルールに組み込まれているゲームがでてくる。脳波が楽しんでいるシグナルを出さないと、先に進めないゲーム。このように、特定の脳波でゲームの進行を管理する。そうすると、脳波を出すためにプレイヤーはあるタイプの想像をする。あるいは記憶を呼び出す。この想像と記憶の呼び出しは、本質的には区別できない。すると、偽の記憶を意図的にプレイヤーに植えつけられる。これはもしかしたら、ルールを設定するための前提を脳に植え付けるということを意味しているのでは・・?
 
現実を変えるために、ある人は政治家になり、ある人は脳科学者兼ゲームクリエイターになる。この対比の鮮やかさ。物語全体通して、カンボジアの歴史、ゲーム理論開発経済学、心理学の背景がうまく組み込まれていて(自分も確認できるほど詳しくはないが)、それがとても効果的だと感じた。さまざまな興味を掻き立てる。 簡潔で軽快な文体もいい。
 
ハヤカワSFコンテスト大賞のデビュー作の『ユートロニカのこちら側』も読むしかない。もうすぐ文庫化らしい。
ユートロニカのこちら側 (ハヤカワ文庫JA)

ユートロニカのこちら側 (ハヤカワ文庫JA)

 

 

 
 

『ピクサー流 創造するちから』と『一般意志2.0』

ピクサー流 創造するちから』は、アニメーションスタジオのトップをはしるピクサーの歴史とアニメーション制作の裏側を書いた本である。その歴史はそのままアニメーション技術の足跡になっている。また、経営に参加したスティーブ・ジョブズの知られざる一面を知ることもできる。

 いわゆるクリエイティブ産業でもっとも重要なものは、アイデアである。アイデアは天才によってかたちになるのか。いや、そうではない。アイデアを生み出す仕組みやチームづくりが重要だというのが本書の主張。とりわけ興味深いのは、ストーリーを決める会議のやり方である。

 ブレイントラストと呼ばれるその仕組みはこうだ。まずストーリーの担当者がつくったデモムービーを会議で見せる。参加者はそのストーリーに自由に意見を言い合う。そのときの率直さがとても重要だという。担当者はその意見を持ち帰って、改良していく。そのとき、会議の意見に従うかどうかは担当者に任されている。「診断をするが、治療法は指示しない」というのが印象的。あくまで、映画の本来の軸を見失わないように意識させることを目的としている。

 重要なのは、会議の決定に従わなくてもよいことだろう。いろんな人に意見してもらうことで、見落としや勘違いなどすぐに解決する問題を発見しつつ、なんとなくの違和感も拾い上げる。そのようなメリットを生み出しつつ、多数決でつくられたつまらなさを避けることができる。ただ、大前提として会議のモチベーションや人間関係をうまくマネジメントする必要があるとも書いてある。信頼関係があってこそできる会議のやり方なのだ。

ピクサー流 創造するちから――小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

ピクサー流 創造するちから――小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

 

 

思い出したのが、『一般意志2.0』である。この本を読んだのは、大学に入って最初の夏休みで、Twitterで見つけたような記憶がある。内容は、ルソーの一般意志という概念をインターネット以降の状況を踏まえて、再解釈&アップデートするというものだ。哲学や思想がどんなものかを初めて体験した。教科書にでてきたルソーとGoogleが並べて語られるなんて想像したこともなかった。そして、それがとてもおもしろいということも。文体のかっこよさも新鮮だった。以来、読書の傾向は大きく変わっていったように思う。それぐらいのインパクトがあった。

さて、話を戻そう。ピクサーの会議の話だった。これが『一般意志2.0』で提案される会議のやり方に似ている。こちらで想定されているのは政治の審議だ。そのやり方をものすごく単純化すると、専門家の会議を生中継し、視聴者のコメントを読めるようにしておくというものだ。視聴者のコメントには、多数決での一票みたいな効力はない。ただし、的確に拾い上げることで議論を方向付けることはできるかもしれない。

 このアイデアがそのまま生かされた事例は、民主党政権時代に行われた事業仕分けぐらいしかわからないのだけれど、単発で終わってしまい、手法が成熟するところまではいってない。政治とは違うところでは、生放送番組を見ているときに、コメントによって番組がいい方向へ展開するということを何度もみているので、可能性はあると思う。政治家がやりたがらないような気はするが…

 

肝は、アイデアだしと採用のプロセスを分けるということだ。まずアイデアの良し悪しはともかくいろんな案をあげる。次の段階として、順位付けをしていく。前者はメンバーが多い方がいいが、後者はそうではないと言えそうだ。最後の決断は、専門家の方に分があるのではないか。

これは専門家と集合知のどっちをとるかという話でもある。すべて多数決のほうに行ってしまうと、ポピュリズムになってしまう。ある集団を代表するけど、集団に従わないという奇妙なバランスが求められる。このあたりの話は、SNS以降、特に重要になっていると思う。

 

 

マイケル・ルイス『かくて行動経済学は生まれり』

かくて行動経済学は生まれり

かくて行動経済学は生まれり

 

マネー・ボール』を書いたマイケル・ルイスの新刊がでた。それが行動経済学の源流となった二人の心理学者の物語となれば読んでみたい。と思いつつ、なんでそのテーマ?とも思った。なぜなら、マイケル・ルイスの主戦場は、『世紀の空売り』や『フラッシュ・ボーイズ』といった金融市場のノンフィクションというイメージがあったからだ。

その答えは序章にある。はじまりは『マネー・ボール』に寄せられた書評(*1)だった。『マネー・ボール』のストーリーは、メジャーリーグで採用されていた戦略の不合理性をデータによって塗り替えていくというものだった。そのような不合理性は二人の心理学者によってすでに研究されているというのが、書評の指摘だった。二人の心理学者というのは、ほかでもなく本書の主人公エイモス・トヴェルスキーとダニエル・カーネマンである。

 本書は2人の研究者の評伝が中心だが、第1章はデータ主義がNBAの世界をどう変えたかに当てられている。いわば、バスケ版『マネー・ボール』がコンパクトにまとまっている。なので、『マネー・ボール』を読んでいなくても、書かれた経緯を含めてスムーズに話に入っていくことができる。

個人的なポイントを2つ挙げる。
ひとつは、2人のコラボレーション。二人組から始まる物語といえば、アップルやグーグルの創業などが思い浮かぶ。本書もそれに匹敵する魅力をもっている。その背景には、卓越した知性と対照的な性格があるように思う。

ダニエルは常に自分が間違っていると思っていた。エイモスは常に自分は正しいと思っていた。エイモスはどのパーティーに行っても主役になる。ダニエルはそもそもパーティーに行かない。

そんな対照的な2人がどんなふうに共同研究を進め、画期的な成果を残したのかが見どころになっている。

もうひとつは、研究の内容について。ひとことでいえば、直感は間違うということになる。本書に書かれているような研究の意義は、人間像を更新したことだと思う。合理的な判断をする人間像から非合理的な人間像へ。重要なのは、その非合理性にパターンが見出せるということ。間違え方に規則がある。それはすなわち、人間がどのように物事を考えるのかということを教えてくれる。

行動経済学については、上述した『マネー・ボール』書評を書いたリチャード・セイラーとキャス・サンスティーン(これも二人組!)による『実践 行動経済学』がおすすめ。

実践 行動経済学

実践 行動経済学

 

 
解説には、やや違和感があった。発売時期もあってか、Post-Truthの話が中心になっている。確かに当てはめることもできるけれども、(解説者も書いているように)そこを目指して書かれた本ではない。立ち読みの際は、序章からどうぞ。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本書執筆のきっかけが書評ということで、そういう言論環境いいなぁと思いつつ、海外メディアの書評も読んだりした。マイケル・ルイスともなると書評が大量で、けっこう長文。日本だとあんまり見ない長さ。リチャード・セイラーとキャス・サンスティーンの書評もあり(*2)。これが一番良かった。
二人組の物語といえば、ジョン・レノンポール・マッカートニーなんだね。あとDNAのワトソン&クリックとかも。 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*1 

Who's on First: A Review of Michael Lewis's "Moneyball: The Art of Winning an Unfair Game" | University of Chicago Law School

 *2 

www.newyorker.com