『トラクターの世界史』と『団地団』

高校までの歴史の授業が苦手だった。なんとなく、つかみづらい。いまから振り返ると、その原因は授業の内容が政治史を重視で、その政治にあまり興味がもてなかったということが大きい。

歴史は、政治以外のさまざまなものからも語ることができる。たとえば、話題になったハラリの『サピエンス全史』は、「虚構」を軸にしてサピエンスの歴史をとらえるという試みだった。もちろん、国家という虚構がもたらした政治への影響、みたいなかたちで政治にも触れているが。

そもそも歴史における重要な出来事とはなんだろう。それは、さまざまなものの個別の歴史における転換点だと思う。そういう意味で、影響範囲が広い政治史は重要だが、その重要性を理解するには政治史以外の歴史を参照する必要がある。なにか興味あるものの歴史をさかのぼってみて、教科書的な歴史との相似関係を見つけていくというような。

 

最近読んだ本で『トラクターの世界史』はまさにそういう本だった。

ラクターを軸にして、19世紀末以降の世界史を描いていく。なぜトラクターか。まず、トラクターの影響力を簡潔に示している部分を引用する。

モータリゼイションは都市だけでなく、農村の風景も労働関係も一変するほどの衝撃を与えたし、その衝撃がなければ、これほどまでに農村から人は離れず、これほどまでに農地が広く四角く平らにならず、これほどまでに地球の人口は増えなかったはずだからである。二〇世紀に地球でいったい何が起こったのかを考えるには、自動車と同じほどの知のパトスをトラクターに注がなくてはならない。

ラクターの登場により、それまで家畜を動力源としていた農業のあり方はがらりと変わった。内燃機関がもたらす駆動力が高い生産性を可能にし、農業人口は減少していく。これがのちに都市化や工業化を準備することになる。同時に、エネルギー源として石油、たい肥の代わりに化学肥料が必要とされるようになり、物質の循環(つまり農村の経済)という意味でも変化が起こる。

ラクター以降、農業は大規模化し、アメリカでは各農家の競争と革新のなかでトラクターが普及した。一方、ソ連では国家主導でトラクターで導入が進んだ。その後、トラクターは農業集団化のシンボル的存在になる。実はそのトラクターはアメリカで量産された輸入品だった、というのはなんともおもしろい話だ。

ラクターのでてくる小説にも触れている。ジョン・スタインベック『怒りのぶどう』の描写からトラクターへの憎しみを読み取る。これは零細農家の憤怒だという。その背景には、機械化によってどんどん効率を高めるために、土地を収用しようとする銀行がある。ほかにも、機械による疎外感を読み取れる。これも歴史上何度も繰り返していることに思える。いまなら人工知能とか。

                    ***

ひとつのものを軸にして語る、そして農村から都市への人口移動に関連するという意味で連想した本は、『団地団~ベランダから見渡す映画論』。

団地団 ?ベランダから見渡す映画論?

団地団 ?ベランダから見渡す映画論?

 

 写真家の大山顕、脚本家の佐藤大、ライターの速水健朗によるトークイベントがまとめられている本書の軸は、ずばり団地。速水健朗によるまえがきには、

作品に登場する”団地”にのみ執着し、団地がどう描かれたか、団地がどう用いられたか、その団地が魅力的かどうか、団地についてレビューをします。

とあり、

 団地とは、家族を容れる箱であり、都市化した社会に必要とされたインフラストラクチャーであり、国によっては、ある種の社会階級と結びついた場所であり、ある種の人々にとっては生まれ育ってきた環境(故郷)です。

 団地について語るということは、時には家族を、社会を、階級を語ることになるのです。

とある。まじで?って思うけど、読んでいくと、なるほどすごい。コンテンツに描かれる団地から次々と意味を拾い上げていき、価値観の移り変わりを見て取る。扱う作品は『童夢』、『ウルトラマン』、『耳をすませば』、『しとやかな獣』、『家族ゲーム』、『新世紀エヴァンゲリオン』、『デジモンアドベンチャー』などなど。あるときは憧れの対象、あるときは窮屈な空間、またあるときはバトルシーンの観客席にもなる。軸をつくることで、なんとなく見ていたシーンから意味が見つかる瞬間の楽しさ。もうなにを見ても団地が気になってしまう。

 

 

2017年下半期に読んだ本ベスト10

2017年の下半期を振り返って、良かった本を選んでみました。フィクションから5冊、ノンフィクションから5冊ということで。 

フィクション 

小川哲『ゲームの王国』

今年、一番好奇心を掻き立てられた小説。カンボジア圧政下で、少年と少女は世界を変えるために壮大な物語が動き出す。一方は脳波の研究、もう一方は政治家へ。世界のルールはどのように設定されるのかを問う。ジャンルを横断した知見が投入されている。kinob5.hatenablog.com

 

 今村昌弘『屍人荘の殺人』

なんのレビューも見ずに、読んでほしい本格ミステリ。ある設定によって、クローズドサークルと不可能状況が絶妙につくられる。解決も見事で一気読みした。ミステリ三冠も納得。

屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

 

 

  陳浩基『13・67』

香港の歴史と一人の刑事をめぐる連作短編形式のミステリ。一編一編の密度が高い。冒頭の「黒と白の間の真実」がベスト。中国語で書かれたミステリ(華文ミステリというらしい)はこれまでノーマークだったので、そういう意味でもうれしい発見でした。

13・67

13・67

 

 

  スタニスワフ・レムソラリス

オールタイムベストで常連のファーストコンタクトSF。人間とは別のかたちの知性と意思疎通することは果たして可能なのか。その困難さに徹底的に向き合っている。1961年発表だが、全然古びてない。

  

有栖川有栖『江神二郎の洞察』

江神シリーズの短編集。ロジックとミステリ談義が楽しい。長編の隙間がうまっていく感じも。「除夜を歩く」がベスト。

江神二郎の洞察 (創元推理文庫)

江神二郎の洞察 (創元推理文庫)

 

ノンフィクション

  國分功一郎『中動態の世界——意志と責任の考古学』

 能動でも受動でもない感覚ってなんだろうという問いから出発し、言語の歴史をさかのぼることで、能動と受動という二分法に当てはまらない世界観を提示している。二項対立自体を疑うという思考の見本。

kinob5.hatenablog.com

  マイケル・ルイスかくて行動経済学生まれり

 2017年のノーベル経済学賞でも話題となった行動経済学。その黎明期を担った二人の学者の物語を『マネー・ボール』のマイケル・ルイスが描く。

kinob5.hatenablog.com

  エイミー・ワラスエド・キャットムル『ピクサー流 創造するちから』

 すごい人が集まればすごい作品ができるわけではない。トップクリエイターが集うピクサーにおける、創造性のための環境づくりを具体的に示している。机の置き方から会議の進め方まで細心の注意が払われている。行動経済学ともつながるかも。

kinob5.hatenablog.com

 

 戸田山和久『哲学入門』

哲学史の外観というより、唯物論入門に近い。物以外を物だけの世界にどう書き込むか。工学寄りな自分には、かなりしっくりきた。くだけた文体と切れのある論理で進むスタイルもいい。

哲学入門 (ちくま新書)

哲学入門 (ちくま新書)

 

 

 アンドルー・ホッジス『エニグマ アラン・チューリング伝』

映画『イミテーション・ゲーム』の原作となったアラン・チューリングの伝記。コンピュータの起点となる人物の生涯が描かれる。エニグマ暗号の解読が注目されがちだが、それも数あるエピソードのひとつ。幼少期の聡明さ、計算機の理論から機械の配線まで全部自分でやっていく横断ぶりに驚く。

エニグマ アラン・チューリング伝 上

エニグマ アラン・チューリング伝 上

 

 

 2017年の上半期はこちら。

kinob5.hatenablog.com

 

ひみつ道具の物語~『透明マントを求めて』、『気象を操作したいと願った人間の歴史』

科学技術の発展は目覚ましい。少し前までは想像の世界だったものが現実になる時代。想像されたものはいつか現実する、そんな気さえする。科学技術の歴史は、想像力と隣り合わせで進んできた。想像力の世界を覗こうとするとき、フィクションはいい材料を提供してくれる。ドラえもんひみつ道具が実現された、なんていうニュースをたびたび目にしたりする。
***
 
『透明マントを求めて』は、タイトル通り、透明マントをつくる試みの歴史について書かれている。サブタイトルには、天狗の隠れ蓑からメタマテリアルまで、とある。透明になるという考えは古くから存在し、はじめはフィクションに現れる。それが時代を経て、メタマテリアルという形で実際に作られようとしている。

 物語内に出てくる透明化の初出は、ギリシア神話(B.C. 9C)までさかのぼる。被ると見えなくなる「ハデスの兜」である。日本では平安時代の『宝物集』(1177-81年)にでてくる「天狗の隠れ蓑」が似た機能をもっている。SFではウェルズの『透明人間』(1897年)が有名で、ここで科学的な用語による解説があらわれる。近年でも『ハリーポッター』や『攻殻機動隊』など透明化が現れる作品は多い。また、客前のエンタメという観点からは、死角と錯覚を利用したマジックも重要だ。

このように透明化というアイデアは古くから存在し、人々を惹きつけてきた。これが物語やエンターテイメントだからといって、現在の視点からはとるにたらないものではない。むしろ本質を含んでいると指摘する。ウェルズを取り上げた箇所では、

文中に出てくる"幾何学"と"屈折率"という概念は、現代の透明マント理論の根幹となっているものなのだ。

とあり、鏡をつかったマジックについては

これらのマジックには、透明マントのエッセンスともいうべき重要なポイントが含まれている。それは、隠したい部分に何もないよう錯覚させるため、後ろのカーテンをそこに再現している点だ。実際には鏡を用いて左右のカーテンを映すことで、その再現を行っているのだが、本書の主役である透明マントの概念もこれに極めて近い。つまり、何らかの現象を利用して、隠したい対象物の真後ろにある風景を再現してやればよいのである。

とある。

 

 実用的な透明化の例として、ステルス戦闘機が挙げられている。ここでいう透明とは、目に見えないのではなく、レーダーに映らないという意味だ。上空の戦闘においてこの優位性は大きい。ステルス戦闘機の特徴といえば、その形状だ。平べったい多角形になっていることで、レーダーからの電磁波をそのまま反射せず、散乱させることで感知されない。

 
では、一般的にイメージされる透明マント、つまり全方向に対する可視光の透明化についてはどうか。こちらも理論とプロトタイプはすでに存在している。それを実現するのがメタマテリアルだ。メタマテリアルとは金属構造を用いた人工素材のことで、自然界にはない任意の光学特性を付与することができる。
↓こんな感じで。 
 
***
 
『気象を操作したいと願った人間の歴史』は、気象操作に焦点をあてる。天気を自由にしたいというのも普遍的な人間の欲望である。生活における切実さという意味では、透明マントよりも重要だといえるかもしれない。とくに、農業社会において気候は最重要事項だからだ。そのため古くから迷信めいた実践がなされ、悲喜劇が展開する。
気象を操作したいと願った人間の歴史

気象を操作したいと願った人間の歴史

 

 この本もフィクションからスタートする。まず人間の欲望を理解するところから始めようというわけだ。テクノロジーは時代によって変わるが、人間の欲望については普遍的で、現在にもそのまま当てはまる。こちらも初出はギリシア神話らしい(ギリシア神話すげえ)。そしてSFでは、ヴェルヌ『地軸変更計画』やヴォネガット『猫のゆりかご』など多数を挙げ、天気と気候の支配をめぐる波瀾万丈の歴史の現実に最も近いのはこのような悲喜劇だと指摘する。

 
気象操作の実践の代表例は、人工降雨である。干ばつは農業にとって致命的なダメージを与える。なんとかしたい。そこで雨を降らせようというわけだ。やり方の試行錯誤は続く。祈りや雨ごいから始まって、爆発、化学物質の散布などなど。とても科学的と呼べないものも横行し、人の不安に付け込みお金を巻き上げる商売まで現れる。
 
そのほかにも、霧を消したい、オゾン層に穴をあけたい、地球温暖化を止めたい、ハリケーンを逸らしたいなど、様々な計画がなされてきた。著者は急進的な施策には批判的である。科学的根拠や費用対効果、影響を予測できないとの理由から。
 
個人的には、理想の天気をコントロールできるとしても、誰がそれを決めるのかという問題が大きい気がする。結局、いくら道具が発達しても、道具を使う側の問題は残り続ける。これはのび太が教えてくれた教訓だ。