連想読書日記

本を読んでいるときに湧きおこった連想のゆくえについて。

マイケル・ルイス『かくて行動経済学は生まれり』

かくて行動経済学は生まれり

かくて行動経済学は生まれり

 

マネー・ボール』を書いたマイケル・ルイスの新刊がでた。それが行動経済学の源流となった二人の心理学者の物語となれば読んでみたい。と思いつつ、なんでそのテーマ?とも思った。なぜなら、マイケル・ルイスの主戦場は、『世紀の空売り』や『フラッシュ・ボーイズ』といった金融市場のノンフィクションというイメージがあったからだ。

その答えは序章にある。はじまりは『マネー・ボール』に寄せられた書評(*1)だった。『マネー・ボール』のストーリーは、メジャーリーグで採用されていた戦略の不合理性をデータによって塗り替えていくというものだった。そのような不合理性は二人の心理学者によってすでに研究されているというのが、書評の指摘だった。二人の心理学者というのは、ほかでもなく本書の主人公エイモス・トヴェルスキーとダニエル・カーネマンである。

 本書は2人の研究者の評伝が中心だが、第1章はデータ主義がNBAの世界をどう変えたかに当てられている。いわば、バスケ版『マネー・ボール』がコンパクトにまとまっている。なので、『マネー・ボール』を読んでいなくても、書かれた経緯を含めてスムーズに話に入っていくことができる。

個人的なポイントを2つ挙げる。
ひとつは、2人のコラボレーション。二人組から始まる物語といえば、アップルやグーグルの創業などが思い浮かぶ。本書もそれに匹敵する魅力をもっている。その背景には、卓越した知性と対照的な性格があるように思う。

ダニエルは常に自分が間違っていると思っていた。エイモスは常に自分は正しいと思っていた。エイモスはどのパーティーに行っても主役になる。ダニエルはそもそもパーティーに行かない。

そんな対照的な2人がどんなふうに共同研究を進め、画期的な成果を残したのかが見どころになっている。

もうひとつは、研究の内容について。ひとことでいえば、直感は間違うということになる。本書に書かれているような研究の意義は、人間像を更新したことだと思う。合理的な判断をする人間像から非合理的な人間像へ。重要なのは、その非合理性にパターンが見出せるということ。間違え方に規則がある。それはすなわち、人間がどのように物事を考えるのかということを教えてくれる。

行動経済学については、上述した『マネー・ボール』書評を書いたリチャード・セイラーとキャス・サンスティーン(これも二人組!)による『実践 行動経済学』がおすすめ。

実践 行動経済学

実践 行動経済学

 

 
解説には、やや違和感があった。発売時期もあってか、Post-Truthの話が中心になっている。確かに当てはめることもできるけれども、(解説者も書いているように)そこを目指して書かれた本ではない。立ち読みの際は、序章からどうぞ。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本書執筆のきっかけが書評ということで、そういう言論環境いいなぁと思いつつ、海外メディアの書評も読んだりした。マイケル・ルイスともなると書評が大量で、けっこう長文。日本だとあんまり見ない長さ。リチャード・セイラーとキャス・サンスティーンの書評もあり(*2)。これが一番良かった。
二人組の物語といえば、ジョン・レノンポール・マッカートニーなんだね。あとDNAのワトソン&クリックとかも。 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*1 

Who's on First: A Review of Michael Lewis's "Moneyball: The Art of Winning an Unfair Game" | University of Chicago Law School

 *2 

www.newyorker.com

 

 

2017年上半期に読んだ本ベスト10

上半期も終わりということで、振り返って、良かった本を10冊選んでみました。

フィクションから5冊、フィクション以外から5冊で順不同です。

G.K.チェスタトン『木曜の男』

 初チェスタトン。いちばん衝撃を受けた。スパイもの、ミステリ、幻想などジャンルを横断する面白さ。

木曜の男 (創元推理文庫 101-6)

木曜の男 (創元推理文庫 101-6)

 

 

ウィル・ワイルズ『時間のないホテル』

世界展開するホテルを舞台にしたSF。グローバルスタンダードとなった没個性的な空間の快適さと不気味さをうまくとらえている。

時間のないホテル (創元海外SF叢書)

時間のないホテル (創元海外SF叢書)

 

 

山口雅也キッド・ピストルズの冒涜』

 こちらはミステリの短編集。昨年読んだ『生ける屍の死』が最高だったので。「曲がった犯罪」がベスト。

 

ジョン・スラデック『見えないグリーン』

これもミステリ。中途半端に見える手がかりが、一気につながっていく終盤が見事。

見えないグリーン (ハヤカワ・ミステリ文庫)

見えないグリーン (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

 

恩田陸蜜蜂と遠雷

 直木賞本屋大賞のダブル受賞作。至福の音楽小説。

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

 

 

続いてフィクション以外から。

東浩紀『ゲンロン0』

 東浩紀の集大成。経済と政治、グローバリズムと国家がせめぎあう状況と人間像をクリアにとらえている。

ゲンロン0 観光客の哲学

ゲンロン0 観光客の哲学

 

 

千葉雅也『勉強の哲学』

 勉強をすると一度ノリが悪くなる、言語偏重になるという勉強観が新鮮。勉強の感覚をしっかりと言語化してくれる本。

勉強の哲学 来たるべきバカのために

勉強の哲学 来たるべきバカのために

 

 

アラン・ケイアラン・ケイ

 黎明期、パーソナル・コンピュータのビジョンが明確かつ簡潔に書かれた論文。そして評伝。iPadのさらに先までのビジョンがある。至言連発でかなり価値の高い本。絶版にしておくのはもったいない。

アラン・ケイ (Ascii books)

アラン・ケイ (Ascii books)

 

 

アレックス・メスーディ『文化進化論』

  進化論の方法論で学問を横断的に統合することを目指す。マクロとミクロをつなげる大胆な仮説がおもしろい。話の運びもスマート。

文化進化論:ダーウィン進化論は文化を説明できるか

文化進化論:ダーウィン進化論は文化を説明できるか

 

 

井上智洋『人工知能と経済の未来』

人工知能動向の分かりやすい導入から始まり、失業問題と絡めてベーシックインカムの提案まで。試算の妥当性とか専門的な話は分からないが、BI導入という1つのビジョンが明快にあって、かなりおもしろい。

 以上。

 

國分功一郎『中動態の世界――意志と責任の考古学』

 人はどれだけ能動的なのか。意志というものは、たえず働いているのか。そんな疑問から本書は始まる。難しい話ではない。日常によくあることだ。いま酒を飲んでいるのは、意志によるものなのか?ゲームをやり続けてしまうのは?「強い意志をもて」ってどういう意味?

ここであげた例は、誘惑に対抗する意志のような構図だ。そこには、能動と受動という対立があると考えてしまうが、本当にそうなのか。

なぜ能動対受動という対立を考えてしまうのか。その要因は、言語の文法に見出せるという。そのまま、能動態と受動態である。

そのような言語のあり方が思考の可能性を規定するという考えのもと、文法の歴史をさかのぼっていく。この過程が非常にスリリングでおもしろい。そこで探り当てたのは、いまはもう失われた中動態というもの。それは能動でも受動でもない。かつては、能動態は受動態との対ではなく、中動態と対になっていたのだ。この対は、主語が、動詞によって示される過程の外にあるか内にあるかで区別される。

一番おもしろかったのは、文法の歴史をたどり、「中動態が失われること」と「意志と責任の前景化」が並行しているという指摘。つまり、主語の意志を強調しようとすると、動詞の用法も変わってくるということだ。その結果、意志は当たり前のものとして受け入れられているが、この議論はその型を壊して、別の見方を教えてくれる。 

中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)

中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)

 

 

 

 いくつか連想した本から引用。

舞城王太郎ディスコ探偵水曜日

「この世の出来事は全部運命と意志の相互作用で生まれるんだって、知ってる?」

東浩紀「情報自由論」

私たちはフルタイムには人間ではいられない。ひとは、特定の関心領域においては人間的な主体として行動するが、それ以外の多くの場面では、動物的な消費者として既存の選択肢にたやすく従ってしまう。

ディスコ探偵水曜日(上)(新潮文庫)

ディスコ探偵水曜日(上)(新潮文庫)

 

 

情報環境論集―東浩紀コレクションS (講談社BOX)

情報環境論集―東浩紀コレクションS (講談社BOX)

 

 

テクノロジーと秩序~G.K.チェスタトン『木曜の男』、イアン・ゲートリー『通勤の社会史』

 G.K.チェスタトン『木曜の男』の冒頭を紹介するとこんな感じになる。
 とあるきっかけから、主人公は無政府主義者の秘密結社にたどり着く。見事な立ち回りの末に、指導的立場を得る。首脳の会議は7名からなり、それぞれに曜日の名前がついている。主人公は木曜。初参加となる会議で、皆から恐れられている議長=日曜は「この中に裏切り者がいる」と言う。会議に緊張が走り、メンバー同士の探り合いが始まる・・。

木曜の男 (創元推理文庫 101-6)

木曜の男 (創元推理文庫 101-6)

 

  こうして書くとスパイものに見えるが、ジャンルにおさまりそうもない。推理、幻想、怪奇などなどの成分が入り交じる。理屈に合わない、ルールがわからない、敵か味方かわからない、そんな雰囲気が常に漂っている。基底をなすテーマは、秩序と無秩序の対立。冒頭にある二人の詩人の論争に端的に表れている。一人は無秩序こそ芸術であり詩的だといい、もう一人は秩序こそ詩的だという。どちらが主人公かは伏せておく。
 具体例として出てくるのが、ちょうどこの作品が書かれた当時広まっていた地下鉄である。一部引用する。会話がおもしろいのも本書の魅力だ。

「芸術家はすべての政府を無視して、いっさいの因習を破棄する。詩人は秩序をきらって、もしそうでなければ、世の中でいちばん、詩的なものは、地下鉄だっていうことになる」
「地下鉄に乗っている会社員や労働者がなぜあんなに疲れて悲しそうな顔をしているか君は知っているだろうか。あれは皆、自分たちが行くべき方向にちゃんと行って、切符に書いてある行先に必ず付くことを知っているからなのだ。スローン・スクエア駅を過ぎたら、次はヴィクトリアで、ヴィクトリア以外の駅ではないことを知っているからなのだ。もし次の駅がどういうわけかベーカー・ストリートだったりしたら、あの連中も目は星のように輝いて、魂がもう一度エデンの楽園に帰った気分に浸ることができる」

 対するきり返しは、こうだ。

「無秩序というのは退屈なもので、それは無秩序ならばベーカー・ストリートかバグダッドか、どこに行くのかわからないからだ。しかし人間は魔法を使って、ヴィクトリアというと、そのとおりにヴィクトリアに着く。詩だの、散文だのの本なんていうのは、つまらないものなので、それよりも僕は時間表を読んでいるとうれし泣きに泣きたくなる。人間の敗北を歌ったバイロンよりも、その勝利を語るブラッドショーの時間表のほうが、どんなにいいかわからない。僕は断然ブラッドショーのほうを取る」

 個人的には、時刻表こそ秩序であり勝利という考え方に惹かれる。もちろん本も好きだけど。他方で、この考え方に拒否感を示す人がいることも知っている。新しい秩序への拒否感とでも言おうか。この拒否感は、新しいテクノロジーやライフスタイルが現れるときに必ずついて回る。まっとうな指摘になることもあるが、漠然としたものも多い。結果的に新しいものの革新性を示していることも少なくない。

 鉄道もその例にもれない。イアン・ゲートリーは『通勤の社会史』のなかで、鉄道が普及していく過程を記し、その批判例を紹介している。

ジョン・ラスキン(一八一九年~一九〇〇年)をはじめとするイギリスの唯美主義者たちも、鉄道を利用すべきでないと考えていた。ラスキンの意見は、鉄道がもたらすスピードや便利さが人々から人間性を奪っていく、というものだった。

人間性を奪う」というのが定型だ。これはいったい何を指しているのだろう。注意したい表現のひとつ。AIが話題になる昨今、テクノロジーがもたらす新しい秩序(あるいは無秩序)の議論はまた変わってきそう。なにせ、「人間性」がつくれるかもしれないので。


 ちなみに『木曜の男』が発表された1908年は、T型フォードが発売された年でもある。T型フォードは自動車を大衆化したといわれる。そこには、ライン式の生産工場で量産を効率化し、自動車の価格を引き下げたという背景がある。ここで、決められた仕事を反復することが労働者へ悪影響を与えるという指摘が入る。
 『木曜の男』でも自動車は登場するが、まだ通勤の主流ではなさそうだ。そのかわり、馬車が使われているのだろう。通勤の手段が馬車から車に切り替わっていくところも『通勤の社会史』の見どころ。車通勤の問題といったら渋滞がすぐ思い浮かぶけど、そこを遊んで見せた映画『ラ・ラ・ランド』のオープニング良かったなぁ。

通勤の社会史 (ヒストリカルスタディーズ17)

通勤の社会史 (ヒストリカルスタディーズ17)

 

 

ボケとツッコミから考える~『勉強の哲学』、『一億総ツッコミ時代』

千葉雅也『勉強の哲学』(文藝春秋)を読んでいて、槙田雄司『一億総ツッコミ時代』(星海社新書)を連想したという話。

勉強の哲学 来たるべきバカのために

勉強の哲学 来たるべきバカのために

 

人生の根底に革命を起こす「深い」勉強、その原理と実践。勉強とは、これまでの自分を失って、変身することである。だが人はおそらく、変身を恐れるから勉強を恐れている。思想界をリードする気鋭の哲学者による本格的勉強論。 

一億総ツッコミ時代 (星海社新書)

一億総ツッコミ時代 (星海社新書)

 

 ツイッターで気に入らない発言を罵倒し、ニコ生でつまんないネタにコメントし、嫌いな芸能人のブログを炎上させる。ネットで、会話で、飲み会で、目立つ言動にはツッコミの総攻撃。自分では何もしないけれど、他人や世の中の出来事には上から目線で批評、批難―。一般人がプチ評論家、プチマスコミと化した現代。それが「一億総ツッコミ時代」だ。動くに動けない閉塞感の正体はこうした「ツッコミ過多」にある。「ツッコミ」ではなく「ボケ」に転身せよ。「メタ」的に物事を見るのではなく「ベタ」に生きろ。この息苦しい空気を打破し、面白い人生にするために!異才・槙田雄司(マキタスポーツ)による現代日本への熱き提言。

『勉強の哲学』を読んでいて思ったのは、思考のスタイルを「ボケ」と「ツッコミ」で整理している本を前にも読んだような気がするということ。あと、著者のお二人がNHKの「哲子の部屋」という番組で共演しているのを見た記憶。(千葉雅也さんは哲学者。槙田雄司さんは芸人・ミュージシャン・俳優で、芸名はマキタスポーツ。)そんな連想の末に、『一億総ツッコミ時代』を再読した(出版されてからもうすぐ5年!?)。

似ているところがあったので、まずそこから。一周回る三段階のプロセスについて。

『勉強の哲学』では、勉強の過程が次のように説明される。まず、環境に依存した保守的な状態(ノリ)がある。勉強を始めると、そのノリから浮くようになる。そして最後の段階として、新しいノリへ移行する。

一億総ツッコミ時代』には、受動層・浮動層・求道層という三段階が出てくる。受動層は物事に関して完全に受け身の状態。求道層は自ら求めていく人たち。浮動層はその中間にあたる。受動層・浮動層・求道層は、保守的(ベタ)・ツッコミ(メタ)・ボケ(ベタ)とも言い換えられる。そのような見取り図の中で、「メタからベタへ」という主張がなされる。

どちらも螺旋階段的に一周回るイメージで共通している。このイメージはよくわかるし、様々なところに現れる。例えば、読書量が増えていったときに、昔面白かった本がよくあるパターンの一つに思えてくるけど、もう一段文脈が読めるようになると、再び面白くなるというような。

 

この二冊を連想したきっかけは、「ボケ」と「ツッコミ」で思考スタイルを整理するところだと書いた。しかし再読してみると、言葉は同じだが、意味しているところはやや異なると気づく。それはフォーカスしているところの違いからくるものだと思う。

『勉強の哲学』におけるボケとツッコミは、環境のコード(「こうするもんだ」)から浮くための思考方法である。アイロニーとユーモア、破壊と拡張とも言い換えている。その過程で喪失がある。自己破壊を経験するというのが、この勉強論のポイントだと思った。

一億総ツッコミ時代』では、ツッコミがあふれている状況に注目する。いわば、ツッコミが環境のコードになってしまっている状態。「噛んだ!」に代表されるお笑いのコードが日常に入ってきて、閉塞感を生んでいると指摘する。そこで、人にツッコミを入れるより、自分が何かに夢中になること(ボケ)の面白さを説く。

ちなみに『勉強の哲学』でも、アイロニー過剰が問題だという記述がある。

 アイロニーが過剰になると、絶対的に真なる根拠を得たいという欲望になる。それは実現不可能な欲望である。(中略)

 そこで、アイロニーをやりすぎずにユーモアに折り返す。

さらに先には、ユーモアの過剰もナンセンスへと進んでいってしまい、それを止めるのが「享楽的こだわり」だという。『一億総ツッコミ時代』における「ボケ」は、『勉強の哲学』におけるユーモアよりも「享楽的こだわり」に対応するような気がする。もしくは両方を含んでいる。この意味の広がりについて意識できたのは、すごく新鮮だった。

※『一億総ツッコミ時代』を初めて読んだとき(あるいは東京ポッド許可局で聞いたとき?)、「ボケ」と「ツッコミ」の整理は分かりやすいが、「ボケ」の用法を拡張しすぎでは、という印象を受けたことを思い出した。もう慣れたので、思い出すと新鮮な感じ。当時、この「ボケ」の比喩は、かなり大胆だったはず。

 『勉強の哲学』は言語論をベースに、『一億総ツッコミ時代』はお笑いをベースにしている。全然違うようだけど、共鳴する部分がけっこうあるように思えた。言語論方面への興味がわいてきた。

 

・余談

『勉強の哲学』のキーワードである「仮固定」から連想したのは、細田守のアニメーション映画『時をかける少女』。保守的状態から際限のないナンセンスへ、そのあと有限化するという流れは、『時かけ』のループできる回数(の認識)の変化(0⇒無限?⇒有限)と同じ。ループに回数制限あるから今はループしないでおこう、というのは「仮固定」そのものだなぁと。

 

いま、紙の本について~『紙つなげ!彼らが本の紙を造っている』、『文体の科学』

 電子書籍が登場してからというもの、ずっと考えていることがある。電子書籍だとうまく読めない、紙とは何かが違う。その何かとはいったいなんなのか、いつも名指せぬままだ。なぜか紙の方がしっくりくる。慣れの問題だろうか、それとも。短い記事ならスクリーンでも読めるが、数十ページはきつい。

 

どうやら記憶しやすさと関係があるのではないか、というヒントを見つけた2冊の本について書いてみたい。

まずは、佐々涼子『紙つなげ!彼らが紙の本を造っている』(早川書房)。東日本大震災で被災した日本製紙石巻工場が復興する過程を描いたノンフィクションである。

 その中に紙の魅力を語る一説がある。紙の手触りや香り、ページをめくる体験や本に残る痕跡について述べたうえで、こう続ける。

些細で意識もしていないが、実は紙の本に触れることによって得られる周辺の記憶や痕跡すべてが、文章の理解や記憶に影響を与え、我々に一層深い印象を刻み付けるのである。

感覚としてよくわかる。文章の内容に、もれなく位置情報がついてくるような感覚。文章と物が一対一で対応していることで、記憶の手がかりが多いという風に言えるかもしれない。忘れないために線を引く、ページを折るというのも同じ理由だろう。

 

もう一冊。山本貴光『文体の科学』(新潮社)。この本は、様々な文章—―法律、科学、小説、批評などの文体について考察する。

文体の科学

文体の科学

 

 終章でコンピュータの登場以降、書物の内容(データ)と形式(ハード)が分離されたときに起こる読書体験についてこう書いている。

例えば、「同じ」文章であっても、どんな書体を用いるかによって、読み手がそこに書かれていることを信じる度合いが変わってしまうことや、「同じ」文章であっても、読みやすく印刷するのと少し読みづらく印刷するのとでは、読み手の集中度や理解度が変わってしまうことなどが、各種実験を通じて指摘されている(ダニエル・カーネマン『ファスト&スロー』、村井章子訳、早川書房)。

さらに、印刷術以前の写本時代に、装飾や色づかいによって読む者の記憶を助けていたことが指摘されている。このあたりは認知科学的にもこれからの課題らしく、おもしろい研究結果がでてくることが待ち遠しい。そのとき電子書籍にも新しい可能性が生まれるかもしれない。

 

ここまで、電子書籍より紙の方が読みやすいという感覚について書いてきた。紙のほうが記憶しやすいのではないか、ということにいったん落ち着いた(もちろん個人の感覚として)。だからといって、電子書籍はだめとは思わない。漫画はkindleで読むことが多い。活字でも、電子書籍で紙と同じように読めるのがベスト。本の管理や持ち運びが便利なのは間違いないので。

また電子書籍の登場によって、記憶を物質に頼っていたことがよりはっきりしたともいえる。紙が記憶の補助ツールになっている。まるで計算するときに、計算用紙を使うように。

(最後になって、単に自分が忘れっぽいだけではという気が・・いやいや、使えるツールは使えばいいんだ・・)

ヒトと他とを分かつもの~『文化進化論』と『サピエンス全史』

アレックス・メスーディ『文化進化論』(NTT出版)を読んでいる。進化論という視点から、細分化された学問に統合的な見取り図をもたらすことを目指す。

文化進化論:ダーウィン進化論は文化を説明できるか

文化進化論:ダーウィン進化論は文化を説明できるか

 

 第1章では、文化の定義と重要性を確認する。定義を引用する。

文化とは、模倣、教育、言語といった社会的な伝達機構を介して他者から習得する情報である 

 区別すべきは、遺伝による情報と個人で学習した情報とある。そして、この「文化」こそ人類にとって重要であるとする。遺伝は伝達スピードが遅い(世代のスケール)、個人学習はコストがかかる(全部自分で毒見)のに対し、「文化」は伝達が速く、コストが少ないことがその理由である。

 

この観点から歴史をたどったのが、ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史』(河出書房新社)ではないだろうか。

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

 

 

サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

 

 この本の中で「虚構」や「物語」と呼ばれているものが、上述した「文化」に対応している。

歴史の大半は、どうやって厖大な数の人を納得させ、神、あるいは国民、あるいは有限責任会社にまつわる特定の物語を彼らに信じてもらうかという問題を軸に展開してきた。とはいえ、この試みが成功すると、サピエンスは途方もない力を得る。なぜなら、そのおかげで無数の見知らぬ人どうしが力を合わせ、共通の目的のために精を出すことが可能になるからだ。

 神、国民、有限会社以外にも、お金、人権、法律などなど実体のないものによって、人類の歴史は動いてきた。この軸の作り方は、とても見通しがいいように思う。(もちろんその前提として、遺伝由来の二足歩行とか脳の大容量化はある)

 

生物は進化によって多様化し、やがて人類は「文化」を武器に栄えた。そして、「文化」にも進化を見出せるなら・・・?